Neue Liebe Kummer

コスプレ 評論、The Willard、ミリタリー等々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

映画が好きです


子供の頃から映画が好きで、テレビの洋画劇場も親が見せてくれるものは見ていました。
(さすがにエマニエル夫人とか青い体験とかは駄目でしたね・笑)
親も映画好きで、小学校3年頃から”十戒””史上最大の作戦””ベン・ハー”等も見に行っています。

そして、中学生になってからは、劇場版アニメの隆盛もあって足繁く映画館に通いました。
大学では、時間を見ては近くの名画座を始め、新旧併せて足を運びました。

大スクリーンも勿論いいですが、名画座や上映会の小振りなものも、また味があります。

DVDの普及は非常に嬉しいのですが、引っ掛かる部分がありました。
吹き替えではないのです。
字幕の方が監督・演出の意図は伝わるでしょう。
ですが、吹替え版のイメージが大きく、そこに日本版スタッフの苦労が見えるのです。
原版を見るのも好きですが、僕のノスタルジィは、テレビ映画にあるのです。

ジャッキー・チェンは石丸博也の声ですし、
サモ・ハン・キンポー、あんなに低い声ではないのです(笑

しかし嬉しいことに、最近では「テレビ吹替え版」を収録したDVDが増えています。
テープでは出来ない、DVDならではですね。

「同じことを考える人はいるものだなぁ」と思いつつ、懐かしく見ています。
途中、”テレビでカットした部分”は原語ですが、それでも満足です。

これも文化だなぁ、と思うのです。
スポンサーサイト

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

  1. 2007/04/26(木) 08:30:36|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

プロフィール

牛島えっさい

Author:牛島えっさい
会社員。会社役員。コスプレ評論家。イメージャー。
コスプレをメインジャンルに、イベント運営、プロデュース、評論、コラム他執筆業、講演を行っています。そして僕自身コスプレイヤーです。お仕事の御依頼はメールでどうぞ。essai3@hotmail.co.jp

ブログパーツ

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター



ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。