Neue Liebe Kummer

コスプレ 評論、The Willard、ミリタリー等々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大事な事は全てコミケが教えてくれた。

僕は中学生の頃、洋楽が好きでアニメが好きでミリタリーが好きでSFが好きで・・・
よく分からない万能感と自虐に満ちた少年でした。

当時にこの言葉があったら、「中二病」と呼ばれていたでしょう。

しかし、まさに中二の時に「コミックマーケット」に出会ったのです。
その熱気に圧倒され、初めての参加(スタッフ参加でした)が終った反省会の後に、
コミケの代表に「一生付いていきます」と涙ながらに宣言したのです。

その事を、多くの先輩が覚えていて今でもからかわれますが、その代表こそが
故・米澤嘉博であり、本当に一生師事することになったのです。

この出会いが無ければ、僕はただの蛙で終わっていたでしょう。

コミケット準備会はとてもエキサイティングでした。
当時はまだ大学生がスタッフの主流でしたが、洋楽にしてもSFにしても他の全てに
僕よりも詳しい人がいて、知らないことを教えてくれるのです。

そして、いっぱしの持論をぶつけた僕に対し、馬鹿にする事無く、対等に議論してくれました。
多分「中学生が生意気言っているなぁ」と思われたのでしょうけど、とても嬉しくて
早く追いつくように勉強をしました。

礼儀作法や文章の書き方も、準備会で習いました。
それこそ、うちに無かった灯油ストーブの給油方法やゴミ袋の効率のいい締め方まで
教えて貰ったのです。

もちろん、イベントの運営方法、机の並べ方や人の誘導方法もそうです。

昔の「青年の家」みたいな感じなのでしょうか?

怒られたり、議論に負けて悔しくて泣いた事も何度もありました。
たくさんご馳走にもなりました。

掛け替えない仲間もたくさん出来ました。事ある毎に心配してくれ、
今でも会うと楽しく話が出来ます。悩みも語り合いました。
大事な友達です。

その受けた恩を、次の世代に伝えるのが義務だと思って来ました。

今のコミケットは、当時とは比べ物にならない規模ですが、この精神は
引き継がれていると思います。

3月、別れの季節を前に、ちょっと昔を振り返ってみました。
スポンサーサイト

テーマ:同人活動 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/02/28(月) 09:23:02|
  2. 同人誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

牛島えっさい

Author:牛島えっさい
会社員。会社役員。コスプレ評論家。イメージャー。
コスプレをメインジャンルに、イベント運営、プロデュース、評論、コラム他執筆業、講演を行っています。そして僕自身コスプレイヤーです。お仕事の御依頼はメールでどうぞ。essai3@hotmail.co.jp

ブログパーツ

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター



ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。